墓じまい

墓じまいとは?

○○○○○○○○イメージ

「墓じまい」

お墓を移転させる、継承者が居なくなってしまったなどの理由により、
墓地を解体、撤去すること。「廃墓」などとも呼ばれている。

撤去時は永代使用権と呼ばれる、お墓がある限り永代的に使用できる権利をお寺、霊園に変換し、更地に戻すのが一般的です。

近年、継承者がいない、墓地が遠方にあるなど、様々な理由により「墓じまい」という選択肢を選ぶ方が増えています。
子供に重荷を背負わせない、様々な理由から、墓地の維持管理が続けられないなど、墓地に対する考え方自体が変わって来てると言えます。

 

「墓じまいの流れと必要な手続き」

墓じまいを行うには、寺院や霊園、行政機関への申請手続きが必要となります。
墓地管理者に連絡し、墓じまいの了承を得る。

魂抜きの法要をし、御遺骨を取り出す。

お墓の開眼供養を行います。

墓地の解体、撤去、処分をし、更地にして返還します

申請など、なにかと時間も掛かり、煩わしいものです。
桐生石材工業では、墓じまいの各種申請から解体撤去、返還までをまとめてお手伝い致しております。

 

「墓じまいのトラブル」

墓じまいを行う際、様々なトラブルが発生する可能性が有ります。

  • 墓地の管理者とのトラブル
  • 身内、親族でのトラブル。
  • 高額の離壇料など

トラブルの回避には、兎に角、コミュニケーションが大切になります。
墓地の管理をしているお寺に、早めに相談する。中には、書類への署名の拒否、書類への署名の引き換えに高額な離壇料を請求されるなど、様々なケースがあります。これを回避するために、早めの相談や、明確な意思表示が大切になります。

親族に知らせず、勝手に墓じまいを進め、身内でトラブルになる場合があります。
先祖代々から続くお墓の場合は、親族にも相談し、円滑に進めることが大切です。

 

墓じまいの費用ってどのくらいかかるの?

移転元で掛かる費用移転先で掛かる費用が墓じまいに必要な料金となります。

業務内容 参考価格
【移転元】  
墓地撤去費用 100,000円~ /㎡当り
離壇料 本来、支払い義務が無いものです。お気持ちとして渡す場合がありますが、一番のトラブルの元ですので、きっちりとした確認、話し合いが重要となります
閉眼供養のお布施 ~10,000円 程度
【移転先】  
埋骨費用 30,000円程度
開眼供養のお布施 30,000円~
納骨堂などの使用料 寺院によって様々
申請代行費 29,800円~(当社価格)  ※申請の代行は提携行政書士にお任せすることを推奨しております。申請のプロに任せて安心安全に!

墓地解体処分費は状況(撤去対象の石材の廃棄量、作業難度による人件費など)に応じてお見積もりをご案内致しますので、ぜひ一度ご相談ください!無料でお見積もり致します。

また、キャンペーンで、他社でお見積もりを頂いてるという方は、そこから更に値下げさせて頂きます。